家庭用脱毛器の選び方

家でできる脱毛!?家庭用脱毛器

女性の誰もが憧れるツルツル素肌。
体毛がない肌は、それだけできれい。

定期的に手入れをするのは大変なので、エステサロンなどで思い切って脱毛したいけど、スケジュール調整の難しさと料金的な悩みからもなかなかおこなうことができません。

そんな、「脱毛はしたいけど、クリニックやエステサロンに通うのは無理」なんて人の味方となるのが、家庭用脱毛器です。
家にいながらエステサロンでやるような脱毛をおこなえるのですから、これはすごい機械です。

家庭用脱毛器と言ってもさまざまな種類があり、自分の肌質ライフスタイル、そして価格などから自分に合った機種を選んでいきます。
種類だけじゃなく、その性能もメーカーによって異なりますので、それらをきちんと把握してから購入するようにしなくていけません。
ただ、単に家庭用脱毛器であればいい…なんてことじゃないんです。

そんな家庭用脱毛器には、レーザー式家庭用脱毛器フラッシュ式家庭用脱毛器サーミコン(熱線)式家庭用脱毛器超音波脱毛器の4種類。
それぞれに特徴があるので、そこらへんもよく吟味して選らばなくてはいけません。

エステや病院、サロンでの脱毛に関してはネット上にもさまざまな脱毛口コミがありますけど、同じように家庭用脱毛器に関する口コミもあるのでそれらを参考にしながら自分に希望用途に合ったマシンを選ぶようにしましょう。

○レーザー式家庭用脱毛器

メラニン色素に反応するレーザー照射を当てて、毛根を熱破壊していく方法。
出力パワーが高いので永久脱毛などでも同じみのとなっていますが、家庭用ではその出力が低いものとなっています。
照射回数がちょっと多い…なんて手間がかかる面もあります。

○フラッシュ式家庭用脱毛器

レーザー脱毛と同じ原理で、光を照射して脱毛する方法。
別名・光脱毛もしくはインテンス・パルス・ライト(IPL)脱毛とも呼ばれています。
複数の波長で広範囲に照射しておこなえ、出力が低いのでそこまで痛みも強くありません。
ただ、レーザー脱毛よりは効果が低く、毛が薄くなるまで時間がかかります。

○サーミコン(熱線)式家庭用脱毛器

最近になって、新しく開発されたタイプ。
その熱線に触れた体毛を焼き切る形での脱毛。
毛根にもその熱が伝わるので、毛が生え変わるサイクルが長くなると言われています。
でも、直接働きかけるわけではないので、どちらかというと除毛器に近いものとなっています。

○超音波脱毛器

ピンセットのようになった器具の先に毛を挟み、超音波を流す振動が毛根に刺激を与えて脱毛します。
熱処理がないので、お肌への刺激や痛みが少なくすみます。
でも、長い体毛だとなかなか毛根に超音波が届かず…5mm程度にカットしてからおこなわなければいけません。

家庭用脱毛器といっても、そのタイプはさまざま…自分の肌と相談して決めるたいものです。

トップへ戻る